CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
お金が出て行かない美味しい経費
0

    初心者向けの不動産投資の本だとか不動産投資をやっている人で、

     

    減価償却費は、「実際にお金が出て行く訳でもないのに、長期に渡って経費として認められるとっても美味しい経費」だと言っているのをきいたことはないでしょうか?

     

    ここで一応、減価償却費について説明すると、

    例えばRC造(鉄筋コンクリート造)の新築マンションだと47年、

    W造(木造)新築のアパートだと22年、とか耐用年数が決まっています。

     

    新築の木造アパートを買ったとして購入代金の内、土地にかかった金額は経費になりません。 土地は年数が経ったからと言って価値を失ったり使えなくなったりするものではないからです。

    一方、建物に関してはだんだん古くなると老朽化してやがては使えなくなってしまうと考えられます。

    実際に何年で使えなくなるのかは別にして、税務上は耐用年数というものが決められています。

    それが木造のアパートだと22年とか決められているわけです。

     

    木造の新築アパートを5千万円で買って内訳は土地が2800万円で建物が2200万円だったとしましょう。

    これをそれぞれ土地2800万円、建物2200万円として資産として計上します。

    土地の購入代金は経費にできないので5年経とうが10年経とうがずっと資産2800万円のままで経費にはなりません。

    では建物はどうなるかと言うと、買った当初は2200万円の資産です。

    1年後はどうなるかと言うと耐用年数が22年なので1年で100万円が減価償却費として経費になり、資産としての建物は2100万円に下がります。

    毎年100万円づつ減価償却して行き22年後には建物は0円になる。(話をカンタンにするために、実際とは若干異なったりします)

    こんなイメージです。

     

    減価償却が終わるまで、5年後も10年後も毎年100万円ずつ減価償却費として経費計上できますので、その分税金を払わなくて済みます。

    この間、減価償却費として経費計上したとしても実際になにかお金が出ていっている訳ではありません。

    つまり、減価償却費を引く前の収入が例えば1千万円あったとして、減価償却費が1千万円ならば差し引き0円です。

    手許に1千万円残っても税金を払わなくても良いということもある訳です。

     

    これを不動産投資の美味しいところと言っている人がいる訳ですね。

    あなたはどう思いましたか?

     

     

    これを素晴らしいと思ったとしたら、かなりお人好しなのかもしれません。

     

    冷静に考えてみて下さい。

    本当は物件を買う時に既に全額払っています。 それは自己資金だろうと借金だろうと同じことです。

     

    これが新築RC造に至っては、既に全額払ったのに、土地の分はもちろん経費になりませんが建物も全額経費として認められるのは実に47年も先になってしまいます!

     

    そして、同じお金でも今の1万円と47年も先の1万円、どちらが価値があると思いますか?

    もちろん利息は付きませんし、価値も大幅に目減りしているでしょう。

    そして期日が来るまでずっと自由に使うことも出来ません。

     

    いま貰える1万円と47年先に貰える1万円。 同じ1万円ですが、あなたならどちらが嬉しいですか?

     

     

     

    JUGEMテーマ:不動産投資

    | 賃貸経営 | 18:42 | comments(0) | - |
    << | 2/7PAGES | >>