CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 不動産経営は儲からない | main | 不動産投資で爆死しないためには >>
資産1億円を手に入れる
0

    大抵の人の金銭感覚では、1億円は途方も無い金額だと思います。

     

    ですが不動産や株など投資の本などを見ると「●億円を稼いだ!」的なコピーをよく見かけます。

    では実際のところはどうなのでしょうか?

     

    株やFXなどで1億円を儲けるのは、よほどの元手がない限りかなり難しいように思います。 事実、多くの人は儲けるどころか損する人の方が多いようです。

     

    では、不動産ではどうでしょうか?

     

    実は不動産で1億円の資産を手に入れるのはかなり簡単なことだと思います。

    ちょっとしたアパートを数棟買うとあっという間に1億円超えです。

    そして買い方さえ間違えなければ、普通のサラリーマンでも数棟買うのは難しくないでしょう。

     

    もちろん普通の人はそんなにお金を持っているわけではないので融資で物件を買うことになります。

    なので、借金をして物件を増やせばあっという間に資産は億を超えますが、負債も億を超えてしまうということになります。

    ですから大事なのは、資産から負債を引いた、純資産はどうなのか?です

     

     

    ただこれで話が終わりであれば、身も蓋もないつまらないお話になってしまうのですが、嬉しい続きがあります。

     

     

     

     

    一般的に不動産を買うときには、家賃などの収入を得て、経費や借金を返済しながら経営して行けるかを検討して物件を購入するはずです。

    ですから借金は、入居者さんが払ってくれているようなものです。

     

    話を簡単にして、

    1億円の物件を全額ローン10年返済で買ったとしましょう。

    この時点では、資産1億円ですが、負債も1億円ですので純資産はゼロです。

     

    ですが1年で1千万円ずつ返済してゆきますので、負債も1千万円ずつ減ってゆきます。

    1年後には資産1億円、負債9千万円の純資産1千万円、10年後には資産1億円の負債ゼロで純資産も1億円です。

     

    もちろん不動産の価格が下がっていたりとか、返済期間とか様々な要因はありますが、大雑把なイメージとししては、返済期間が10年なら1割、20年なら5分ずつ負債が資産に置き換わってゆくようなイメージです。

     

    完済していなくても資産が増えてゆくことにはかわりありませんし、物件を増やせば絶対額も増えてゆきます。

    不動産価格が上がっていなくても完済まで待たなくても、返済が進んだ分、売却すれば手許にお金を残すことも出来ます。(経費や税金も考慮する必要がありますが)

     

    複数の物件の一部を売却してそのお金で、他の物件の返済をしてしまえば、長期間待たなくとも負債なしの物件を持つことも可能でしょう。

     

    そして、株やFX、多くのビジネスと違って、不動産ならば、放ったらかしとかは論外ですが、かなり手堅く資産を形成できるはずです。

     

     

    JUGEMテーマ:貯金・節約

    | 資産 | 18:38 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする