CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 不動産のドミナント戦略 | main | 不動産は、お金持ちじゃないと買えないのか >>
事故物件を買いに行く
0

    JUGEMテーマ:住宅夢のマイホーム計画

     

    ちょっと前の話なのですが、結構安い戸建が売り物件で出ていましたので、良ければ買っても良いかなと思い、見に行って来ました。

     

    値段もちょっと安めで意外に立地も良いし、建物は古いけどまあそこはきれいに直せば問題なしといったところです。

    なんで安いのかと思いつつ不動産屋さんに問い合わせると、*告知事項有り の物件でした。(因みに募集広告には書いてなかった)

    こういうことが書かれていると大抵ろくな事はありません。(笑)

     

    『すみません。この告知事項って何でしょうか?』

     

    「実は、ちょっと問題がありまして、住まれていた方が、ご自宅で病気で亡くなられています。」

     

    (何だ、そんなことだったか。)

    いつもなら、安く買って賃貸に出すパターンなのですが、これはちょっと賃貸は難しいかもしれないなと、しかし安いなら自分で住むのなら有りかもねといった感じです。

     

    それで早速物件を見せて貰いに行ったのですが…

     

    玄関を開けて中に入ると、何だか微妙な臭いがします。 いつもの古い建物特有の臭いとかかび臭い臭いと言ったモノとは違った臭いです。

     

    建物のある部分に行くと、臭いが強くなってきます。

    なんと、床の辺りに黒ずんだ大きなシミが残っていました。

    多分、一人暮らしだったので亡くなられてから発見がかなり遅れてしまったのでしょう。

     

    「亡くなられてから2,3日経ってから発見されたようです。」

    『夏場ですか?(つーか、絶対2,3日程度じゃないだろ!)』

    「存じません。」


    自分自身はオカルト的なのは気にしないのですが、建物中に臭いが染み付いている感じで、壁紙前張替え、床張替えなどやっても臭いがとれなさそうな感じでした.

     

    悪臭だけでも住むのはつらそうです。 それに臭いがする度に、現場の様子がイメージされてとてもじゃないですが住む気にはなれない物件でした。

     

    内見終えて自宅に戻ってからも、何だか具合が悪くなってしまいました。

     

     因みにあとでお隣のうちの方から聞いたのですが、かなり大惨事だったらしく、連絡が取れず心配した身内の方たちが中を見て、悲鳴を上げて飛び出してきたとのことでした。

    | 物件購入 | 00:02 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする