CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
借金はいつ返し終わるのか
0

    賃貸経営で売上を拡大して行くには、物件を増やして行くことが欠かせません。

    そして物件を増やして行くには、融資を受けることが欠かせません。

     

    もちろん家賃収入から経費などを引いたお金を少しずつ貯めて次の物件購入に充てる方法もなくはありませんが、それではかなりの時間が掛かってしまいます。

     

    なので人それぞれ目標は違うと思いますが、少なくとも目標に到達するまでは物件を増やし、それに伴って借入も増えて行くことになると思います。

     

    物件が増えて行き、順調に行けば家賃収入も増えてゆくでしょう。

    が、借入もどんどん増えます。

     

    わたしの場合は、物件は結構利回りの高い物件を増やして、購入はせいぜい年間2,3棟程度なのですが、それでも確実に借入残高が増え続けています。

     

    普通の感覚であれば、借金が増え続ける、増え続けなくても巨額の借金があるのはとても怖いことだと思います。

    まあ本人は納得していたとしても家族はとても不安だと思います。

     

    わたしも実際に家族から『これじゃ一体いつ借金返し終わるの?』と言われた事があります。

     

    それでなんと答えたでしょうか?

     

    「あ、借金は永遠に返し終わらなくても大丈夫だよ♪」と答えました。

     

    一体どういうことでしょうか?

     

    ここでちょっと視点を変えて、何かの事業を始めたと考えてみて下さい。

    お店を借りて飲食店でも始めたとしましょう。

    家賃はいつまで払い続ければ良いのでしょうか?

    お店が順調に行って利益を上げていればずっと払い続ければ良いのではないでしょうか?

     

     

    仮に融資を完済したとしても、実は借金の返済は続きます。

    それは固定資産税です。物件を持っている限り逃れることは出来ませんし、終わりもありません。 さらに増える可能性だってありえます。 他にも支払わなくてはならないものもあるでしょう。

     

    借入も同じことです。

    適正な水準であれば、それほど怖れることは無いのではないでしょうか?

     

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:不動産投資

    | 賃貸経営 | 03:01 | comments(0) | - |
    | 1/7PAGES | >>